二束三文はない

切手

それ自体に価値がある

手持ちの物を買取りに出す時に他の商品の場合ならこの値段ですかと相当がっかりするような安値が提示される事も珍しくはありませんが、こと切手買取の場合にはそんな心配はありません。基本的に切手はそれ自体が価値を持つものですので、どんなに安くなっても一定の切手買取価格は維持されます。参考までに郵便局に持って行くとどうなるかを知っているとよいのですが、一定の手数料を支払ってはがきなどと交換してくれます。この交換手数料が切手買取の目安となると考えてよいでしょう。また、よく切手には額面とは別にコレクションとしての価値があるとも考えられていますが、これは確かにあります。ただし、切手買取に強い専門業者に持って行かないと、その価値を適正に判断してもらえないという問題があります。これは他のブランド品でも言えることなので、出来るなら切手買取を積極的に看板にあげていて、店の品ぞろえもよい業者を選ぶのがポイントです。切手は単に古いだけでは価値が高まりません。記念切手の場合のように発酵枚数が少ないものでまたある地方でしか発行されなかったなどの希少性の高いものが珍重されます。それと日本の切手よりも外国切手のほうが人気のあるものもあるので、これもポイントです。切手はシリーズで発行されるものも多く、こうしたシリーズが揃っている場合には単品で持ち込むよりもより評価が高くなる場合もあります。そして保存状態も重要です。シミや焼け、破れがない新品同様のものは高値が付きます。